創業110年の

ゴム業界一筋の実績

News

お知らせ

2024.02.21

大阪営業所開設のお知らせ

2023.12.04

年末年始休暇のお知らせ

2023.11.16

荒川区老舗事業所として表彰

About Us

私たちについて

豊かな知識と
技術力
フッ素ゴムを得意とする
× 取扱い商品の
充実
国内外多様な仕入れルート

ゴム業界で110年の実績

福和ゴム商事株式会社を中心とした福和ゴムグループは、創業110年間、ゴム業界一筋に上りつめてきました。

ゴム原材料・ゴム用薬品などの販売、国内にゴム精練工場を持ち、各種規格ゴムの混練、お客様ニーズのコンパウンドの試作・試験・量産、各種ゴム関連の販売など、ゴム関連のコンサルティングの会社です。

最近では合成樹脂の販売など新規事業にも進出しております。

品質・環境方針

Service

取扱い商品

Product

弊社開発商品

Our Feature

福和ゴム商事株式会社の強み

インターミックスK4について

混練り機には、開放式混練り機と密閉式混練り機の2種類がございます。
開放式は、ロール機(オープンロールや2本ロール機、ロールミルとも呼ばれます)があります。一方、密閉式にはニーダー、バンバリー、インターミックスがございます。その構造は、チャンバーと呼ばれるゴム材料がある部屋があり、この中にロータが二つ入っており、間に入ったゴムをすり潰すように練っていく仕組みになっております。ローター内でチャンバー内壁のせん断力を使う接線式と、ローターとローターが噛み合う時に発生するせん断力を使う噛合い式があり、弊社では噛合い式のインターミックスを採用しております。混練り時の動力が強くなるほど発熱が大きくなり、バンバリーの方がニーダーよりも動力が強いため、発熱が大きくなります。

混練り機には、開放式混練り機と密閉式混練り機の2種類がございます。

開放式は、ロール機(オープンロールや2本ロール機、ロールミルとも呼ばれます)があります。

一方、密閉式にはニーダー、バンバリー、インターミックスがございます。
その構造は、チャンバーと呼ばれるゴム材料がある部屋があり、この中にロータが二つ入っており、間に入ったゴムをすり潰すように練っていく仕組みになっております。ローター内でチャンバー内壁のせん断力を使う接線式と、ローターとローターが噛み合う時に発生するせん断力を使う噛合い式があり、弊社では噛合い式のインターミックスを採用しております。
混練り時の動力が強くなるほど発熱が大きくなり、バンバリーの方がニーダーよりも動力が強いため、発熱が大きくなります。

宝来ゴムのインターミックスK4は

噛合い式ローターでせん断力も強く、かつ接線式よりも動力による発熱も従来の混練り機よりも低く抑える事ができ、ゴムと配合剤の分散性が良くなるよう設計されております。
また、バンバリーが大型設備の為2階建てにする必要があるのに比べ、ニーダーのように1階で済み、掃除やメンテナンスもしやすいというメリットもあり、品質向上に一役買っております。
また、フタル酸専用ラインと非フタル酸専用ラインの2ライン用意しております。

工場内設備
K4インターミックス(80L) 2基
35Lニーダー 1基
22インチロール 1台
18インチロール(フタル酸専用) 1台
16インチロール 1台
バッチオフマシン 1台
JSRⅡF型キュラストメーター 1台
試験用プレス 1台
ウォーレス粘度計 1台
試験用ロール(8インチ) 1台
5型ショッパー 1台
自動引張試験機 1台

Company

会社情報

Recruit

採用情報

Blog

スタッフブログ

2024.06.13

ゴムライニング加工について徹底解説!

2024.06.03

ゴム成形とは?基礎知識を徹底解説!

2024.05.13

ゴム練り加工の工程と配合剤や混練機の解説

Contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3806-5811

(9:00〜17:00/土曜・日曜・祝日定休)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム